1 妻と子どもがいる相続

これは、相続事例のなかで最も多いタイプです。

妻          1/2

長男・次男・長女   (各)1/2×1/3=1/6

2 妻と子が相続人、子ひとりが放棄した相続

 相続を放棄した者は、最初から相続人ではなかったものとみなされますので、

妻と残りの子どもが、相続します。

 相続廃除・相続欠格になった場合も同様ですが、これらの場合は、

代襲相続※9ができます。

 子どもの全員が放棄した場合、被相続人に親がいる場合は、妻2/3、親が1/3相続します。

妻          1/2

長男・次男     (各)1/2×1/2=1/4

長女          0

 

   

 

 

 

 

    

                    戻る